アラフォーで子供産んだり家買ったり

育児の話や新居の話などの日記です

ディズニーの英語 フルセット買っちゃいました!88万円也

      2015/09/13

ちょっと前の話なんですけどね、ついに買ってしまいました!(≧∇≦)

ディズニーの英語システム、Disney’s WORLD OF ENGLISH 略してDWEのフルセット、88万円也!

ディズニーの英語システムフルセット

ディズニーの英語システムフルセット

・・・数年後に買う予定の軽自動車が英語教材になったというわけです。

思い切っちゃいました。ほんと。
ただ以前から、これって思える教育があれば投資したいと思ってました。

といっても以前から英語教育への意欲が高かったわけではありません。

きっかけは娘と同い年のいとこがディズニーの英語システムをやっていたこと。
ならば娘も?と英語教育について私なりに考えてみたので、ここでまとめますね。

娘に「英語教育やってみようかな」って思ったわけ

今後、ますます英語は重視されるだろうから

私が仕事をしている頃、英語が使えたら仕事の幅が広がるのに・・・なんてしょっちゅう思ってました。
今後もIT化が進むと英語はもっと必要になっていくだろうな~なんてぼんやり思っていたところ、DWEの資料でこんなのを見つけました。

全上場企業を対象とした調査でTOEICなどの英語テストの結果を社内で活用している企業は33.6%にもなり、TOEICのスコアを昇進・昇格の要件にしている、もしくは今後条件とする予定と答えた企業は全体の25%にものぼるそうです。

今すでにこんな状況だったんですね。20年後なんてもっともっと必要とされてますよね。

得意なものがみつかると自分に自信がつくから

まさにその通りだと思うんですが、幼い頃にその自信をつけられたらこれから吸収していく英語以外のいろんなことも頑張ってくれそうな気がするんですよね。
最近話題の自己肯定力をつけられると思っているわけです。

ソースがあいまいで申し訳ないですが、プロサッカー選手の生まれ月を調べたところ、4月生まれが最も多く、5月、6月、と月が進むごとに人数は減っていき、3月が最も少なかったという調査結果を見たことがあります。
これは、幼い頃、体力的に優位な4月~生まれが自信を持った結果、優位性を維持し続けるモチベーションを確立できたのではないかと思います。

親が頑張らなくても得意なものをもっていればいいんですがそれはわからないので、得意なものを与えてあげたいわけです。

幼い頃の英語脳開発でかしこくなるらしいから

日本語での生活の中に「英語」という刺激を与え続けることで脳内でシナプスがたくさんつながるんだそうです。簡単にいうとかしこくなるってことです。まぁ確かに通常の生活より刺激が多いのは間違いないですよね。
DWEの資料で提示されているので根拠のない情報ではないと思います。

娘のいとこが英語教育(DWE)で既に効果が出ているから

これはかなり大きな動機になりました。

姉の娘(うちの娘と同級生)が生後4ヶ月からDWEをしているんですが、最初の発語がかっこいい発音のduckだったと。そのうち、「touch your head」や「bend down the ground」など、CDを聞くだけで頭を触ったり前屈したりするようになったそうです。

お盆に会った時に感じましたが、こうやって発語や行動で英語教育の成果が見えるようになると親としてかなりのモチベーションアップになりますね。

    早期英語教育の是非について

    基本的には自分が親としてどの意見を信じるかだけ

    早期英語教育には賛否両論あります。
    英語を早くから詰め込もうとするとその時期に重要な観察力が失われてしまう説(たぶん他にもあると思いますが)、そんなことはない、英語は早くから始めるべきだしそもそもそんなこと言ってるから日本人の英語水準が世界的に低いんだ説。

    これはどっちが正しいかわかりません。物事にはいい側面、悪い側面はあると思いますし。

    ということで、我が家は結果の見える英語をとった、というわけです。

      英語教育をはじめる時期はいつが適切か

      0歳はおろか、妊娠中に始めるのが理想らしい・・・

      英語教育、というより英語を聞き分けられる耳(=聞き分けられたらきれいに発音できる)を養うために、生後6か月までに始めるのが理想みたいです。
      生後6ヶ月までの赤ちゃんには全世界の言語をすべて聞き分けられる能力が備わっているらしいのですが、生後6ヶ月過ぎると必要のない能力はどんどん失われていくんですって!(これもDWEの資料参照)

      生後6ヶ月を過ぎているとしたら1分1秒でも早く始めた方がいいそうです。まぁ早く始めた方が発音がきれい、というだけで実際3歳とかで始めても十分みたいですけど。実際にやった人の意見によると。

      ちなみにDWEのアドバイザーさんの話によると、その方が関わった1,000名くらいのユーザーのうち、0歳でDWEを始めて結果が出なかった子は一人もいないそうです。だから私も期待しているのです!

        英語教育の中でもディズニーの英語システムを選んだ理由

        英語塾ではインプットに必要な時間が全然足りない

        英語を話すためには、英語のインプットに約2,000時間必要らしいです。
        その約2,000時間というのは日本語をインプットして話せるようになるまでにかかる時間なんですって。

        この約2,000時間を英語塾でインプットしようとしても、週1回45分の授業なら1年かけてもたったの39時間にしかなりません。
        英語塾だけで英語を話せるようにするのはかなり難しいということです。

        英語塾をアウトプットの場として利用するのは最適だと思いますが、その場合、塾以外で膨大なインプットが必要になります。

        インプットの質を考えれば英語教材しかないんじゃないかと

        当たり前ですが、インプットの質も重要です。
        洋楽なんかだと聞き取りにくかったりきれいな英語じゃなかったりすることもあるので、インプットの素材には不向きです。
        うちでは以前から「0歳からの聞き流し英会話」のDVDを見せていましたが、これだけではインプットの幅がせますぎます。

        となるとやはり本格的な英語教材かなーということになりました。

        たくさんの英語教材の中でどこがいいか

        といっても、私が比較したのはベネッセと旺文社(NHK えいごであそぼプラネット)とディズニーだけです。
        これは検索した時に出る広告や英語教材の比較サイトの中で大手かなって思ったところです。

        まずサンプルを取り寄せました。
        そして全部聞いてみました。

        一番強烈に思ったのが、ディズニー以外は英語が聞き取りにくい、ということ。
        ↑あくまで個人の感想ですよ!

        ディズニーは音も映像もかなりシンプルです。一方、ベネッセや旺文社のものは、BGMも映像もおしゃれでリッチです。リッチすぎて「英語」にフォーカスがあたってないと感じました。

        きれいな映像というのはその映像に気をとられている間は英語に集中できないし、BGMがリッチということはいろんな音にまぎれて発声が聞き取りにくくなるということです。
        短時間で情報を伝える時に重要なのはシンプルであることです。道路標識や案内看板がシンプルなのはそういうことです。
        シンプルというのはチープにもとられがちですが、必要のない情報をそぎ落とす方が勇気もいるし難しいことだと思います。

        でも、娘が反応したのはベネッセのサンプルでした

        それもそのはず、ベネッセは赤ちゃんの扱いにたけた会社です。
        英語のいないいないばあでは声を出して笑ったり、赤ちゃんをあやす体操でニコニコしてたりしました。

        でも、娘が反応したこの二つのコンテンツでベネッセないな~って思っちゃいました。←私的にはですよ!何回も念をおしますけど

        私、実は前職でベネッセの競合にあたる商品の販促に関わっていたのでベネッセのことはそこで勉強しました。そしてベネッセは戦略、戦術がすごい、頭のいい会社だと思います。
        そんなベネッセが、英語教材のサンプルに英語のいないいないばぁや赤ちゃんをあやす体操?を入れてきたわけです。まぁいないないばぁはまだいいにしても、あやす体操の方なんてよく聞き取れない英語の歌がBGMになっているというだけで英語教育とは関係ないと思われる体操でした。この体操を3曲も入れちゃってるわけです。
        サンプルというのは、本来目玉コンテンツばかりを並べるものです。そこに赤ちゃんの反応狙いのコンテンツをそこそこ入れてきたということは本質(英語)で勝負できないんだろうなと確信してしまいました。

        また、旺文社のえいごであそぼプラネットは私的には良くも悪くもひっかかりがなかった印象です。←これも私的にはですよ!!

        アウトプットのイベント数はDWEが圧倒

        膨大なインプットにアウトプットの繰り返しが加わることによって、やっと長期記憶として脳に定着するらしいです。

        そして膨大なインプットの上にアウトプットを織り交ぜることで加速度的に英語が上達する可能性があるようです。
        アウトプットの機会が英語習得のモチベーションになるのは海外旅行に行ったことを思えば共感できますね。

        そのアウトプットのイベント数ですが、ベネッセは年間数十回、旺文社は不明だけどベネッセよりも全然少なそうな感じで、DWEはなんと年間1,000回以上です。気合が違いますね。

        費用面ではDWEがダントツ高い

        それぞれのメインのセット費用は、DWEで約60万円、ベネッセで約20万円、旺文社で約10万円です。

        料金設定がDWEだけ破格です。

        そして、イベントに参加したりテレフォンイングリッシュや教材の無償交換サービスを利用するためのWorld Family Clubの会員になると、さらに月額会費がかかることになります。
        マタニティ会員は無料ですが、19ヶ月未満で月額1,296円、19ヶ月以上で月額3,348円かかります。(兄弟が何人いても同じ金額で、長子の年齢で課金)

        DWEの教材はとびぬけて高いけど、内容を吟味すればするほどDWEの英語教育における経験値もとびぬけて高いと感じました。
        そして、これも私の勝手な妄想ですけどね、高いけどDWEじゃないと身につかないんじゃないかなんて思ったりしてます。そんな私からすると、自信があるからこその高額設定に思えてくるわけです。私、DWEの販促にうまいことのせられちゃってますよね。。。

        でも、大人になってからの習い事で英会話教室に大金を使っても身につかないことを思えば、先行投資として決して高い気はしません。
        それに子供が何人でも教材費は変わらないので、頑張ろう、二人目!ってことでもあるかなと。

          DWEの教材ってこういうもの(私の解釈)

          母国語方式をとっているので、「appleはリンゴよ」なんていちいち日本語にしません。「apple」も「リンゴ」も同じこの果物のことよ、というわけです。
          普段でも「黒」のことを「ブラック」ともいい感じなんだと思います。←この場合、超カタカナ英語で発音してますけどね。。

          そのように日本語を身につけた感覚で英語を身につけていく母国語方式をとっているのがDWEの教材です。

          CDや絵本を使って音をインプットし、DVDで内容を理解して、単語カードで単語を補強する、これらの流れが教材間で連動しているので頭に入ってきやすいんだそうです。
          そしてDWEの教材に出てくる歌には英語の構文が心憎いほど織り交ぜられているそうで(姉曰く)、気づいたら歌のおかげで自然に構文が頭に入っていたということのようです。
          小さい頃覚えた童謡って、大きくなっても覚えてますもんね。そんな感じになるんでしょうね。

          そして、DWEってバイリンガルを目指せる唯一の英語教材らしいですよ。出元は忘れましたがいろんなところで目にしました。
          バイリンガルって、方言と標準語を使い分けるように母国語と他国語を使い分けるようなので疲れないらしいですよ。

          そう、そんな風に子供に苦なく英語を話せるようにしてあげたい。そうしてあげられたらすごく素晴らしいプレゼントになるなぁ。

          そのためには今、親が環境を作ってあげる、それしかない!

          そんな思いでDWEを契約しました。

            ちなみに、我が家で購入したのは全部入りのフルパッケージなので税込み約88万円しますが、約62万円のミッキーパッケージでバイリンガルにできるようです。

            うちでフルパッケージを買った理由はオプションの内容が気にいったのと、フルパッケージを契約することでもらえる特典の辞典がほしかったからです。
            オプションは後から買い足すと少し高くなるし、特典の辞典は初回契約時にフルパッケージで購入しないともらえないので希少価値があるかななんて。・・・場合によっては辞典だけ売っちゃうかも?的な黒い狙いもあります。

              また、実は中古でフルパッケージを買って、正規では一番安いパッケージ(5万円)を買ってイベント用にWorld Family Clubの会員になることも考えました。でも、中古購入は結構トラブルが多いみたいなのと、子供が存分に遊んだ場合は教材がだめになることも多いらしく、中古を買ったけど結局新品に買いなおす人も案外いるとのことでその作戦をあきらめることにしました。

                実際にDWEを始めてみて思ったこと

                想定していた以上にお金がかかりそう

                というのは、頻繁でなくとも英語塾に通った方がいいのではないかと思っているからです。

                その理由は、
                ・DWEの教材を食いつくようには見ないしDVDは比較的早く飽きる(「いないいないばあ」や「お母さんといっしょ」の方が食いつく)
                ・年間1,000回以上のイベントといっても低年齢対象のものは2~3種しかない(全国でやってるから回数が多く見える)のでアウトプットが足りない気がする

                なので、特殊な環境(英語塾)を用意することでモチベーションを維持しなければいけないんじゃないかと思っているわけです。

                DWEには会員用のABCクラブという英語塾があってそれは比較的安価なんですが、ネイティブの先生じゃないのでそこが悩みどころです。

                幸い、今住んでいるのが杉並区なので杉並区発行の子育て応援券数万円分(習い事や一時保育などに使える支援券)を英語教室代にあて少しの間しのげますが、ゆくゆくはどうするべきか考えていかなかければって感じです。

                  そんなこんなで、乗りかかった船、思ってたより維持費のかかる船だったけど、乗り出してしまったからには目標達成に向けて頑張りたいです。

                  軽自動車を買っておけばよかったのに、、なんて結果にならないように。。

                  もし、子供の英語教育どうしようかななんて迷っている方は、迷っている間、ディズニーの英語システム無料サンプル
                  を聞き流すことをおすすめします。

                    あ、あと、DWE対策をお教えします。

                    無料サンプル請求まではよいのですが、アドバイザーさんをおうちに呼んで話を聞く「わくわく英語体験」は気軽にやらないようにしてください。
                    めちゃめちゃわかりやすく説明してくれるしミッキーかミニーのハンドパペットももらえるのですが、その後の営業電話はなかなかのものと聞きました。
                    また、アドバイザーさんが来た日に契約しないともらえない特典が大きいので(DVDプレーヤー)、ほぼ契約するであろう、というところまで気持ちをかためてからアドバイザーさんを呼ぶことをおすすめします。

                    以前はアドバイザーさんが来た日に契約しなくてもDVDプレイヤーをもらえたらしいんですが、最近になってアドバイザーさんが来た日の契約じゃないともらえなくなったみたいです。

                    またDWEは価格施策をやらないようなので、安くなったら買う、というタイミングを待っての購入はできないと思います。あ、でも、ローンの金利が緩和されるキャンペーンはやってるようですよ。頻度とかはわからないですが。

                      だらだらと書いてしまいましたが、みなさんの家庭で英語教育について考えるきっかけになれれば幸いです!

                        おつきあいありがとうございました。
                        よろしければクリックお願いします↓
                        にほんブログ村 子育てブログへ
                        にほんブログ村


                        高齢ママ ブログランキングへ



                         - レビュー, 育児

                        Message

                        メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

                          関連記事

                        takata04 neoSF
                        チャイルドシート「タカタ04 ネオSF」を買いました

                        実家からもらった車でドライブしたいのでぼちぼちチャイルドシートをつけねばです。 …

                        マジカルチェア
                        トリップトラップそっくり、マジカルチェアの実力は!?

                        このところ、イ~ス!イ~ス!とにかくイ~ス!だった私ですが、毎日アハハをみつける …

                        使用時はこんな感じ
                        エアバギー 真冬の必須アイテム ダウンフットマフ

                        さすがに真冬の必須アイテムの準備なんてさすがに早すぎますよね。私もそう思います! …

                        寝返り前の写真
                        初寝返り!感動

                        今日、生後5ヶ月と1日で、初の寝返りをしてくれました。 それを見た時、感動してち …

                        ベビーフィートのフォーマルブラウン
                        かわいすぎるベビーシューズ、ベビーフィート買っちゃいました!

                        あけましておめでとうございます!(今頃!) さてさて、 友達の子供が使っているの …

                        10倍粥
                        離乳食はじめました

                        保健センターで離乳食講習を受けてきたので、離乳食を始めてみました。 保健センター …

                        no image
                        娘が1歳になりました

                        今日ではないんですけどね、ついに娘が1歳になりました! 娘が生まれてからの1年、 …

                        ライフスタジオで撮った写真
                        ライフスタジオとフォトスタジオ フルリ、両方行ってみました

                        娘が1歳になったらおしゃれなスタジオで写真が撮りたいっ!! ってことで友達に聞い …

                        注文したエアバギーカスタム
                        エアバギーカスタム、納期大幅短縮

                        なんということでしょう! エアバギーカスタムの納期、2ヶ月 → 15日に大幅短縮 …

                        シロフォン付玉の塔、あらわる!
                        イヤイヤ期を緩和できる(かもしれない?)おもちゃ

                        こんにちは!またもやのんびり更新で恐縮です。 娘が1歳2ヶ月になった頃から、強い …